戸建てブログ「コダテル」の記事はこちらから

    【パナソニックホームズ標準】玄関収納『コンポリア』のサイズ実測&使用レビュー

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    今回は、わが家も使っているPanasonicの建材ベリティスの中の玄関収納『コンポリア』について

    パナソニックホームズ標準品のシューズボックス(靴箱)です。

    コンポリアについてまとめるとともに我が家の実物のサイズ(寸法)を実測!
    使用感もレビューしたいと思います!

    目次

    コンポリアについて

    こちら↑を一部引用しながら進めていきます。

    プラン

    ・ロの字プラン
    ・セパレートプラン
    ・トールプラン
    ・コの字プラン

    の4つから選択できます。

    収納する靴の量、デザイン、カウンターの有無や広さ、玄関の形や広さによっても選ぶプランが異なりそうです。

    例えば我が家は、女子3人を含む5人家族。
    将来的な靴の量は多くなりそうと予測していました💦

    シューズクロークは計画していましたが靴箱にもある程度容量がある方が良いと思っていたことと、
    「カウンターがあれば物を置く性格」の私なので、ごちゃごちゃした玄関を回避するため当初は敢えてカウンターなしのトールプランを選択しようかと思っていました。

    けれど玄関が細長い形状のため、「トールプランでは圧迫感があるのでは」と反対され、結局コの字プランに。

    みなさんも色々な角度から検討してみて頂きたいです。

    設置スタイル

    設置スタイルは、以下の3種類。

    ・フロートタイプ
    ・据え置きタイプ
    ・フロート+据え置きタイプ

    据え置きタイプが比較的スタンダードで、フロートタイプはモダンな印象になります。

    デザイン

    更に、デザイン面では扉デザイン

    扉柄

    取っ手

    などをそれぞれ選択します。

    我が家の仕様

    プラン:コの字プラン

    先程も書いた通り、我が家はコの字プランです。

    玄関が奥に細長いため、トールタイプがどーんとくると圧迫感を感じる、というのが理由です。

    設置スタイル:フロートタイプ

    据え置きタイプがスタンダードなのかもしれませんが、我が家の雰囲気に合わせてモダンな印象になるようにと提案していただき、そのまま採用しています!

    どの設置スタイルにしても同様ですが、コンポリアの高さは207㎝程なので収納の上にスペースが出来ます。

    そのままにしておいて上に物を置いたりも出来ますが、埃が溜まって掃除をしなければいけないということで、我が家は面倒なので上部はクロスで埋めてもらいました

    これはインテリア担当の方から「どちらにしますか?」と聞いていただいたので、我が家だけ特別に行ったことではないと思います。
    我が家と同じように考える方がいらっしゃれば、ご担当の方に聞いてみてください。

    ここは、それぞれの好みですね!

    扉柄:しっくいホワイト

    我が家の1Fの大部分の建具と同じく扉柄はしっくいホワイトにしました!
    トール部分はミラー付き!

    余談ですが・・現在、ミラーのついているトール部分は玄関ドア側の壁にピッタリくっついています。
    施工図面上はシューズボックスは壁から30㎝程度離れていたようです。
    (言われるまで気づかなかったのですが)

    これは設計さんが”ミラーが玄関ドアに近すぎない方が土間に立って姿見として使うときに使いやすい”という配慮からだったそうです。

    建築中の現場に顔を出している中で大工さんとお話させてもらうようになり、30㎝の隙間には意図があるのか?(例えば傘立てを置く、とか・・)と聞いてくれたことでミラーの位置(シューズボックス自体の位置)を検討することが出来ました!

    結局我が家はミラーの使いやすさよりリビングドア前のスペースを広くすることを選び、シューズボックスを玄関ドアにくっつけました。

    扉デザイン、取っ手

    カウンター部分はライン取っ手。

    トール部分はT1型(角型取っ手)のサテンシルバーを選んでいます。

    元々は取っ手のあるタイプはあまり好みではありませんが、トール部分はライン取っ手は不可で
    取っ手有りか取っ手無しはプッシュオープンしか選べない、とのこと。

    プッシュオープンは他のタイプに比べると壊れやすいということもあり、トール部分だけは取っ手有りにしました!

    サイズ実測!

    カウンター部分とトール部分、それぞれサイズを実測してみました!

    トール部分のサイズ

    高さ204㎝/幅38㎝(金具の部分は37㎝)/奥行き37㎝ ※全て内寸

    中は真ん中が固定棚1枚、そして可動棚が9枚。

    可動棚は取り外すとこんな感じです↓

    可動棚をセットすると、可動棚の奥行きの方が浅いです。

    上部に電気錠のコンセントがあります↓

    こちらの使い勝手&靴は何足入るのか?は、使用レビューで!

    カウンター部分のサイズ

    こちらは

    ①上部収納
    ②カウンター
    ③下部収納

    に分けて実測していきます!

    上部収納

    高さ54㎝/幅77.5㎝(金具部分は73㎝)/奥行き37㎝ ※全て内寸

    カウンター

    高さ68㎝/幅80㎝/奥行き40㎝

    我が家はこのカウンター部分にコンセントを付けました!

    下部収納

    高さ75㎝/幅77.5㎝(金具の部分73㎝)/奥行き37㎝ ※全て内寸

    こちらは可動棚が4枚。
    この可動棚はトール部分と同じように奥行きが浅いです。

    (可動棚の奥行きは28㎝)
    可動棚は上部収納にも付け替え可能!

    使用レビュー!

    「シューズボックスなんて、レビューも何もないでしょ!?」と思われた方!
    どうしても許容できないことがありレビューとしてここに記させていただきます!

    まず、トール部分。

    幅が38㎝なわけですが・・メンズの靴が2足並べて入らない!!

    結果、こんな風になってしまうわけです・・

    レディースの靴はというと、スニーカー2足は・・ギリギリ!!(むしろアウト?)
    (上段のスニーカー以外の靴は入ります)

    靴、と一口に言っても幅は色々ありますが、我が家にある特段大きいとは言えない
    26.5㎝のメンズの靴の横幅は概ね21~22㎝程度
    でした。(もっと大きなサイズの靴はそれ以上でしょう💦)

    これを横並びに二足置くとすると・・明らかにコンポリアの横幅を越えています💦

    ちなみに、レディースのスニーカーは、我が家にあるもの(24.5㎝)で横幅19~20㎝程度でした。

    レディース二足がギリギリ入るか入らないか、というのは間違いではなさそうです

    同じく、カウンターの下部収納は

    青〇で囲ったメンズスニーカーが3.5足赤〇で囲ったレディーススニーカーが4足となります。

    実際には子どもの靴も含めて色々なサイズの靴を並べて入れることも多いので完全にこのようにはなっていませんが、特にトール部分は2足分程度の幅しかないにも関わらずしっかり二足は入らない!

    これだけが唯一使いにくい!許容できない!!

    と感じます。

    これ、我が家に担当営業さんが来た際にちらっと話したら、全く寝耳に水だったようですが写真を撮って「本社に報告、改善提案する」と持って帰りました。

    今後メンズのスニーカーが余裕をもって二足入る程度に改良されると良いのですが😂
    (全体の幅が大きくなることになると他との兼ね合いで難しさもあるでしょうが)

    実際、靴は何足入るのか?

    我が家のコンポリアのサイズ・タイプで、靴が実際には何足入るのか?
    参考までに調べました!

    トール部分

    先程のレビューに書いた通り、若干靴の入れにくさがあるトール部分です。

    我が家と同じ棚板10枚、11段でレディースのスニーカーはギリギリ22足
    (可動棚の調整によりショートブーツ用も一段分確保出来そう)

    メンズのスニーカーは横並びに二足入らないので、2段で3足とすると16足が目安でしょうか。

    カウンター下部収納

    こちらも先程記載した通り、一段当たり

    メンズスニーカー:3.5足
    レディーススニーカー一:4足

    といった感じ。

    我が家は可動棚が4枚ありますが、これを全て下部収納に入れ込むとメンズスニーカーや少し高さのある靴は高さ的に厳しいです💦

    そのため、メンズスニーカー可動棚3枚で4段、全部で14足収納可能

    レディーススニーカーは可動棚4枚でも高さ的にはギリギリ大丈夫そう(ハイカットは除く)なので、可動棚4枚5段で、全部で20足収納可能!!

    ・・というのが、我が家の実感です。

    実際にはメンズだけ!とかレディースだけ!というわけではなく、ご家族なら子ども用もあるでしょうしサンダルなども含め色々なサイズ感の靴を組み合わせて収納すると思いますので収納できる靴の数は全くこの通りではないと思います。

    一つの目安にしていただけると嬉しいです✨

    まとめ

    パナソニックホームズで標準的に使われるシューズボックス(靴箱)の『コンポリア』について、サイズ実測とレビューをしてみました!

    デザインは非常にシンプルでタイプも様々なので、扉柄や取っ手のタイプも含めておうちの雰囲気に合わせて色々選択出来そうです✨

    一方で、サイズ感としてはもう一歩!と感じる部分があるため、リアルに書かせていただきました。

    どなたかの参考になるようなら幸いです

    関連記事はこちら

    パナソニックホームズをご検討中の方は必見!下記をクリック!

    ブログランキングに参加中!クリックしていただけると励みになります!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる