戸建てブログ「コダテル」の記事はこちらから

    【徹底レビュー】Panasonic深型食洗機を1か月使った感想は?

    Panasonic深型食洗機
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    我が家は2020年12月にパナソニックホームズでマイホームを新築しました!

    入居後1か月以上経過し、様々な住宅設備について実際に使用した感想をまとめています✨

    今回は、我が家のキッチンPanasonicラクシーナに標準装備されるPanasonic製のビルトイン深型食洗機についてです!

    目次

    我が家の食洗機のスペック

    品番:S45VD7SD
    食器点数:44点(約6人分)
    庫内容量:約60ℓ
    運転コース:標準コース、強力コース、予約コース、節電コース、少量コース、乾燥コース
    サイズ:45㎝タイプ/幅(内寸)約38㎝、深さ(内寸)約34.5㎝

    最大に引き出すと、キッチンカウンターから50㎝程度出てきます。 

    このサイズは、キッチンの幅を決める際にお役に立つのではないかと思います!!

    この機種に付く 主な機能はこちら!

    ①ライトエコ
    「標準」「予約」運転のみ
    食器の量をセンサーで検知し、食器の量が少ない場合には乾燥時間を約5分短縮
    ②バイオパワー除菌
    高濃度の洗剤液で汚れを浮かせて落ちやすくする。更に除菌も出来る。
    スタートから約4~7分行う。
    ③ドライキープ
    乾燥終了後、約100分間送風し食器や庫内の露付きやにおいこもりを防ぐ。

    引用:https://sumai.panasonic.jp/dishwasher/manual/pdf/201611_tori_NP-45VD7.pdf

    簡単に使い方を!

    ①食器を入れる
    ②電源を入れてコース選択する

    ③一時停止/スタート ボタンで開始!

    稼働中は操作ボタンの横から排気されます。
    ④終了ブザーが鳴ったら終わり

    操作自体は非常に単純で、簡単です🎵

    予約運転にすると、4時間後にスタートします。(オール電化で深夜電力が安い人におススメ)

    我が家の食洗機使用事情

    実は我が家。
    以前は置き型の食洗機を使っていました。

    食器洗い乾燥機 NP-TA1 商品概要 | 食器洗い乾燥機/食器洗い機 | Panasonic

    かなり重宝していて、”こんなに時短になるもの、もう手放せない!!”と思っていたのです。

    ですので、基本的には今回導入したビルトイン深型食洗機を使った感想は、この置き型タイプとの比較になってしまいます💦

    こちらのスペックも簡単に。

    食器点数:40点(約5人分)
    庫内容量:約50ℓ
    運転コース:標準コース、パワフルコース、スピーディコース、乾燥のみコース、お手入れコース、少量コース

    全体で見ると、今回レビューする深型食洗機よりは食器点数が少な目、容量も小さめということです。

    それでは、我が家のビルトイン深型食洗機の感想にいってみたいと思います!!

    感想①思っていた以上に、食器が入らない!!

    44点食器が入るという庫内。

    どう頑張っても、そんなに入らない!!

    食器の並べ方の冊子を見たり、色々工夫してみましたが・・かごの形状もあると思うのですが、以前の置き型の方が食器の入れやすさは上では?という感想。
    入れられる量も、実際ほとんど変わらないのではないかと思います・・

    夫も「全然入らなくなったよね?」と言っていまして💦
    わずかながら容量がアップしたはずだったのにこれは・・😢

    深さがあることで、長さがあるもの(菜箸とか)などは若干入れやすくなった・・かな??

    感想②運転時間が長すぎる!!

    取説に載っている運転時間はこちら

    標準コース(ライトエコ運転なし)で約97分
    一番短い少量コースでも89分です。

    以前使っていた置き型タイプの運転時間はこちら

    標準コース約74~89分
    一番短いスピーディーコースは約29分!!(スピーディーコースは乾燥なし)

    標準コースで10分程度長く時間がかかるのですね💦

    これがなぜ不便か。
    私が理想とする食洗機の使い方は調理器具まで全て入り、一度の運転で洗い物が全て終わる!!なんです。ワガママですが。

    実際には容量的にはそれが適わないのですが、置き型食洗機を使っていたときには

    調理が終わる調理器具をスピーディーコースで食洗機にかける終わるころには食事が終わるのでその後使った食器を食洗機にかける

    という使い方が多かったんです。
    これだと手洗いが極端に少なくて済みます。便利でした🎵

    これは運転時間が30分程度で終わるから実現することなんですよね。

    仮に現在のビルトイン食洗機を乾燥なしで運転停止したとしても時間は置き型の倍近く、約1時間かかってしまうことに。。

    これでは食後すぐに始められず、返って時間がロスです💦
    時間が長くかかっている分、洗う機能はアップしていると信じたい・・(実際にコップなどは以前に比べるとかなりピカピカ✨)

    感想をまとめると

    食器(+調理器具)がすべて一度に入らない!
    運転時間が長くて分けて洗うことも難しい!
    =今までよりかなり使い勝手が悪い!!

    という結論になってしまいます・・完全に私個人の感想です💦💦

    まとめ

    ここまでPanasonicのビルトイン深型食洗機を実際に使ってみた感想を書いてきました。

    伝わらなかったと思うのですが、大前提条件としては食洗機は時短に貢献する大好きで手放せない設備!!なんです。

    それ故に求めるものが多くなり、逆に不満のようになってしまいました。。

    もしかしたら初めて食洗機を使う方にはこれが当たり前となり全く不満に感じないかもしれません。

    どうせ食洗機を使うのだから、出来る限り手洗いをしたくない!というズボラの極みの末の感想です・・

    Panasonicさん・・ズボラな私は、せめてビルトイン食洗機にもスピーディー機能の追加を切に望みます・・涙

    我が家としても「単純にこれまでより容量が大きくなるから良さそう」という安易な考えではなく、きちんと確認・比較したうえで一度に全部の食器(+調理器具)が入るような大容量の食洗機を検討すべきだったなぁ・・という反省と共に、今回のレビューはこれで終わります!

    ブログランキングに参加中!クリックしていただけると励みになります!

    Panasonic深型食洗機

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメント一覧 (4件)

    • こんにちは。
      私も今Panasonicの置き型食洗機使っていて、新居はラクシーナの深型設置予定です。
      形的に今の置き型のほうが使いやすそうとは薄々思っていましたけど、まさか実際の入れれる量が減ったとはです/(^o^)\しかも時間がかかるとは…
      今使ってる食洗機持ち込んで食洗機2つ置きにしたい…。場所的に厳しいでしょうけど…。
      建てる前に知れて良かったです!いつも貴重な情報ありがとうございます_(..)_

    • 更に詳細な情報ありがとうございます_(..)_
      まさかのお茶碗タイプが入れにくいとは(汗)お茶碗こそ粘り気あって食洗機に入れたい代表格なのに…。
      トリプルワイドIH入れたいのでラクシーナを変更はしない予定ないですが、何かしらいい対策ないか考えます(>_<)

    • まさにおっしゃる通りです。
      20年ぶりに買い替えて新機種に期待していましたが、同じパナソニックなのに、使いづらくて、がっかりしてます。仕切りが不便で上手く入りきらないのです。
      パズルのように、どう入れるかを考え、入れ直さないと入りません。
      共働き4人家族で、家事協力タイプの生活に必須アイテムなのに、
      家族それぞれが、食事を済ます時間は別々で、最後の人が食洗器を回す生活では、入れ方が難しすぎて、使いづらいことこの上ないです。
      担当者の家事観が、私の生活観とは違うのだろう諦めました。今どきって、こういうのが、流行る時代なのでしょうかね。

      • 室町はな様

        コメントありがとうございます!
        コメントの内容にとても共感します。買い替え前の物の方が使いやすかったということでしょうか。
        私の周りでは、少なからず同じような不満を聞くことが多いです。
        悪口になってしまっては・・と思うところもありましたが、少しでもユーザーの声が企業側に届くと良いなと思っています。

    コメントする

    目次
    閉じる