戸建てブログ「コダテル」の記事はこちらから

    フローリングの正しいお手入れ方法は?【実際のお手入れTwitterアンケート】

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    今回は、フローリングのお掃除について!

    日々生活する中で避けては通れないのがフローリングの掃除
    我が家のように子どもがいる家庭では尚更だと思います。

    家を建てるまでは深く考えたことがありませんでしたが、床材はそれぞれ販売元から推奨されるお手入れ方法が異なるようですね。

    今回は、

    フローリングのお手入れを皆さんはどうしているのか?
    推奨されるお手入れ方法は?
    我が家は実際にどのようにお掃除しているのか?

    などをまとめてみたいと思います!

    目次

    フローリングのお掃除って、どうしてるの?【Twitterアンケート】

    フローリングのお掃除方法について、Twitterでアンケートを取らせていただきました!

    結果は

    多くの方は、基本的には乾拭きのみとのお答えでした。

    実に6割以上!

    フローリングのお手入れは乾拭きが推奨されている場合が多そうなので、皆さんしっかり守られているようです。

    特に床材にこだわって無垢を選ばれた方は、水に弱いとのことで気を遣われるようでした。

    お手入れ方法は、多くの方は掃除機(ロボット掃除機を含む)を使用するかフロアワイパーをドライシートで使用しているとのことでした!

    3割程度の方は水拭きも行うとの回答。

    特に子育て世帯に多そうでした。
    子どもたちの食べこぼしや、お茶やジュースをこぼしたりなど・・日々乾拭きでは解決できない汚れとの闘いです💦

    推奨されていないとわかりつつも、水拭きを避けては通れないご家庭も多いと思います

    子どもがいなくても、調理の際に水滴が落ちたり裸足で歩いていることで気づかないうちに皮脂汚れも蓄積していくとか。

    水拭きは水拭き出来るお掃除ロボットフロアワイパーをウェットシートで使う汚した部分だけを雑巾や布巾で拭く、といったお手入れをされている方が多いようでした。

    フローリングの種類によって、専用のクリーナーが販売されており、その専用クリーナーでお手入れされているという方も。

    やはり専用だけあって汚れ落ちが抜群!だそうなので、私も興味津々です✨

    少数派ですが、スチームクリーナーを使用している方もいました。

    高温のスチームで掃除する方法ですので、汚れ落ちは一番良いことは想像がつきますが、フローリングの劣化への影響が気になるところ。

    実は我が家も新築計画中にスチームクリーナーを使用したいと考えていましたが、販売元に確認してもらうと「推奨できないので、自己責任」という回答でした💦

    アレルギーのお子さんがいらっしゃるお家では床材の劣化よりも綺麗を保つ方が重要!と、スチームクリーナーを使用しているという話を聞きました。

    使用して数年経つそうですが、現在のところフローリングに目立った不具合はないそうです。

    フローリングに推奨されるお手入れ方法は?

    我が家がマイホームを新築したパナソニックホームズからは、引き渡しの際に『すまいの手帳』と設備や建材のお手入れや取り扱いに関しての『ご説明ポイントBOOK』を渡されています。

    我が家で使用しているフローリングは、パナソニックの『ベリティス』という商品ですが、説明BOOKの中ではパナソニック製品以外に永大産業、朝日ウッドテックの製品にも共通だと書かれています。

    こちらに記載されているお手入れ方法をまとめてみます!

    基本的にはワックス不要!

    無垢材挽き板フロア突板フロア化粧シートフロアすべてに共通して、ワックス不要となっています。

    ワックスは汚れや傷がつきにくい艶落ちや色落ちが発生しにくい、という目的で使用されますが、これらの効果が今のフローリングにはあらかじめもたせてあるとのことです。

    光沢が落ちてきて気になる場合にはワックスがけ可能、となっていました。

    ただし、一部ワックス”不要”ではなくワックス”禁止”のフローリングも。(ペット対応の床など)

    禁止となっているタイプでは防滑性などの本来の性能が損なわれるだけでなく、場合によっては不具合が発生することもあるそうですので、それぞれの製品の詳細情報を確認されることをおすすめします。

    日常のお手入れは、乾拭きで!

    アンケート結果で乾拭きのみと答えていただいた方々のお掃除方法と同じですが、

    ①掃除機やフロアワイパー(ドライ)を使用して表面のゴミやほこりを取り除く

    というのが推奨されています。

    注意点として

    ・フロアワイパーはドライタイプを使用する
    ・モップを長時間床に放置しない(変色の恐れあり)
    ・水に弱いため、市販の高温スチーム洗浄機は使用しない

    と書かれています。

    やはりスチームクリーナーは非推奨のようです💦

    掃除機などで取り切れなかった土埃や汚れは

    ②固く絞った雑巾などで湿り拭きをし、汚れを取り除く

    となっています。

    ・ゴシゴシ擦らず一定方向に拭く
    ・床を濡らしすぎるとフローリングを傷める恐れがあるので、湿る程度に拭く
    ・床を濡らす頻度が高いとひび割れを起こす恐れがある

    というのが注意点。

    濡らす頻度が高いとひび割れを起こすことがある、だなんて・・怖いです💦

    さらに、それでも落としきれない汚れは

    ③中性洗剤を使って取り除く

    とのこと。

    特に水では落ちない、人の皮脂や油汚れなどですね。

    中性洗剤を用いて湿り拭きをする場合は、その後に必ず水でも湿り拭きをし、洗剤成分を取り除くこと。

    洗剤成分が残っていると返って汚れがつきやすくなるそうです。

    以上がハウスメーカーが推奨するフローリングのお手入れ方法でした!

    我が家は実際にはどうしているのか?

    我が家のフローリングのお手入れ方法は?

    我が家のフローリングのお手入れ方法は

    ①毎日お掃除ロボットが走る
    ②週末は気になるところをスティッククリーナーで掃除
    ③子どもたちの食べこぼしは都度ウエットティッシュ等で拭く
     落ちにくい汚れは電動モップで拭き掃除!

    となっています。

    既出の通り、我が家は絶賛子育て中です。
    食事の後にはダイニングテーブルの下には沢山の食べこぼしが・・

    日々お掃除ロボットが頑張ってくれてはいますが、とても乾拭きのみでは太刀打ちできません💦

    しかし、先程も書いたようにスチームクリーナーは「自己責任」と言われてしまい・・迷った挙句に導入したのは、電動モップ!!

    次回、我が家が使用している電動モップの使用レビューをお届けしたいと思います!

    ブログランキングに参加中!クリックしていただけると励みになります!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる