戸建てブログ「コダテル」の記事はこちらから

    電動ブラインドシャッターを採用した話。

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    今回はシャッターの話です!

    シャッターは防犯面や災害への備え等から付ける人がいる一方で、特段必要性を感じない・・といった方もいたりと、賛否両論あるアイテムです。

    シャッターを採用することになった場合、電動か?手動か?という選択が多いと思いますが、我が家はちょっと珍しい?周りにはあまり聞かない”電動ブラインドシャッター”を採用したので紹介します!

    目次

    電動ブラインドシャッターについて

    シャッターの特徴

    一般的に言われている特徴は以下の通りです!

    ①防犯対策になる

    空き巣などは窓からの侵入が多いとされています。

    シャッターがあることで、窓を破っての侵入を防ぎやすいです!

    一方、長期間シャッターが閉まったままだと不在だとわかりやすく、逆に空き巣に狙われることもある・・とも言われます。

    ②災害時への対策になる

    台風などの荒天時、何かが飛んできて窓を割ってしまう、ということが防げます。

    ③防音対策になる

    線路や幹線道路が近い場合などには、シャッターがあることで騒音に悩まされることが減るかもしれません。

    ④省エネにつながる

    室内の熱はほとんどが窓から逃げると言われます。

    夏は日差しをブロックし、冬は室内の暖かい空気を逃がさない。シャッターがあることで省エネが期待できます。

    ⑤デメリットも

    ✅上げ下げが面倒
    ✅そもそもシャッターをしていると部屋が暗くなる
    ✅費用が掛かる
    こんなデメリットがあります。

    どんなものでもデメリットはありますからね💦

    デメリット解消のために

    ①上げ下げが面倒

    これは電動を選択することで改善可能です!

    オプションで複数のシャッターを一度に開閉したり、タイマー機能付きにして決まった時間に開閉を設定したり出来ます。

    ②部屋が暗くなる

    こんな時に、本日おススメのブラインドシャッターが活躍します!

    電動ブラインドシャッターとは

    電動ブラインドシャッターの特徴

    その名の通り、電動シャッターとブラインドの機能が合わさっています。

    https://www.sanwa-ss.co.jp/digital_catalog/pdf/k_6.pdf
    https://www.sanwa-ss.co.jp/digital_catalog/pdf/k_6.pdf

    こちらは、我が家が採用した三和シャッターの「マドモア」です。

    通常のシャッター機能に加え、ブラインド機能があることで採光の量を調節したり通風も出来ます
    (最近の家ではあまり窓を開けないとよく聞くので、どの程度通風目的で使用するかは正直不明です💦)

    電動ブラインドシャッターのデメリット

    デメリットはずばり、価格です!!

    我が家は2か所電動ブラインドシャッターに変更したのですが、それだけでなんと20万円以上高くなりました💦💦

    それだけの金額を払って、なぜ我が家が電動ブラインドシャッターを採用したのか・・

    我が家が電動ブラインドシャッターを採用した理由。

    通りに面しているため、時に目隠しが欲しい

    西側と北側が道路の角地に建つ我が家南側の隣家は敷地いっぱいに建っています。
    西側は比較的大きな通りに面していますが、どのメーカーさんもその方向からの採光計画でした。

    採光しようとその面に窓を取ると、どうしても通りからの視線も気になります!
    時間によって目隠しが欲しくなります。

    窓の方向

    我が家が採用した2か所の窓は、南西向き。
    元々住んでいたのでよくわかっていますが、通りに面していて遮るものがなく、季節によっては西日がきついのです😢

    西日のコントロールが必須でした。

    最近は日よけのシェードを付けている家をよく見ます。

    ただ我が家は敷地との兼ね合い、見た目の好みの問題から消極的でした。

    外構計画での目隠しからブラインドシャッターへ

    上記のような理由で、当初は外構計画として、目隠しを検討していました。

    けれど、日よけの役割は果たせず壁にぶつかっていたときに、メーカーさんからブラインドシャッターの提案を受けました。

    金額が金額なので非常に迷いましたが・・外構計画の予算が一部削減出来ることもあり採用を決めました!

    まとめ

    電動シャッターの中でも、電動ブラインドシャッターを紹介しました。

    採光・通風に優れる一方、金額としてはなかなかのものです。

    我が家のケースを参考に、選択肢の一つにいかがでしょうか。

    パナソニックホームズをご検討中の方は必見!下記をクリック!

    ブログランキングに参加中!クリックしていただけると励みになります!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる