戸建てブログ「コダテル」の記事はこちらから

    【パナソニックホームズ】わが家のキッチン計画②仕様/オプション/総額など

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    前回は我が家のキッチンの広さや幅などを書きました。

    前回に引き続き、キッチンの計画詳細です!

    今回は引き続き、キッチンのお話です。

    目次

    ラクシーナの仕様詳細

    我が家のキッチン、ラクシーナの仕様詳細です!(オプション込み)

    カウンター:人造大理石グラーノホワイト

    扉のネイビー以外は白!と決めていたので、迷いなくグラーノホワイトに決定!

    取っ手:アルミライン取っ手 シルバー

    子どもたちが小さい現在、取っ手は子どもたちの顔の高さに。ぶつけそうで怖いです💦
    きっちんの扉や取っ手を「家具のように」とこだわる方もいるそうですが、わが家はすっきり好き!
    アルミライン取っ手はとてもすっきり見えるため採用しました!

    ユニット・レール:ユニット内装はスーパーホワイト。ソフトクロージングレール

    ユニット内装はステンレス仕様もあり、他のブログなどではおススメされている様子でした。

    私は担当の営業さんに直接聞いてみましたが、「私の担当したおうちでステンレスにしていなくて中が腐ったりということは聞いたことないです」という言葉を信じ、ホワイトのままにしました✨

    シンク:すきまレスシンク(オプション)ムーブラックタイプ グラーノホワイト

    有機ガラス系のスゴピカ素材のラクするーシンク
    ショールームでお姉さんが実演してくれましたが、油性マジックで書いた文字が洗剤をかけておくだけでみるみる流れ落ちていく!
    Panasonicのおすすめだけあって、とても良さそうでした!!

    しかし我が家は、人造大理石のスキマレスシンクに。
    シンクとカウンターの間にすき間がないからさっと拭くだけできれいになると!
    ズボラ主婦の味方です!

    水栓:スリムセンサー水栓(オプション)

    水栓に触れることなく、手をかざすだけで水を出したり止めたり出来る!!
    普通の水栓に比べ、水流がやや弱いという声はあるそう。
    それは節水になっているということ!と、気にせず我が家では採用!

    これを選んだ時期より後になりますが、感染症の流行などに対しても役立ちそうです✨

    レンジフード:ほっとクリーンフード(オプション)

    こちらもズボラ主婦の味方!
    10年間ファンのお掃除がいらないそうです。

    ショールームではファンの着脱も体験させてもらいました。
    とっても簡単!
    ・・・でも10年経てば、やり方を忘れそうです笑

    油がたまるプレートは1年に1回洗うとのこと。
    でも、そのまま食洗機に入れるだけだって❗️かんたーん🎵🥰

    食洗機:大容量深型節水タイプ QSS45VD7SD

    食洗機はこだわればあと数種類選べるオプションがありましたが・・
    節水タイプのみ採用しあとは見送り 😓

    IH:クッキングヒーター(KZ-XS30F)ビルトインタイプ

    グリルなしタイプです!

    ダイニング側の背面収納付き

    上部の棚にコンセントを2つ追加しました!(赤丸)

    スマホの充電や、ここにAIスピーカーを置いて使う予定です😆

    カップボード:ラクシーナ2700

    90㎝のユニットが3つのタイプです。
    1つはトールプラン。残り2つはカウンタープラン。

    扉柄:CL20シリーズ ビューティーホワイト

    これも迷いなく白一択です!

    カップボードの間の壁紙は透湿クロスではなく、サンゲツのFE6194という機能クロス(洗面・脱衣室と同じもの)をチョイス。
    真っ白なレンガ調です。

    取っ手:アルミライン取っ手

    キッチン本体と統一しています!

    ガス栓を追加

    以前に書いた通り、わが家はガス併用住宅です!

    ガス炊飯器を使えるように、ガス栓をカップボードにも出しました!
    ガス栓にロースターをつなげば、焼肉屋さんのようなガスロースターが使える!

    主に夫がウキウキしています

    吊戸棚:70㎝

    元々は少し下がっている85㎝仕様になっていたと思います。

    85㎝だと吊り戸に手が届きやすいため、普段使いの食器も入れやすいと言ってました。
    反面、炊飯器の蒸気が吊り戸の下面に当たりやすいので、下面が痛まないような加工が必要とのこと。

    我が家はガス炊飯器なので、電気炊飯器よりも蒸気が強め。
    普段使いの食器はトールカウンターに収納出来るだろうということで、吊戸は70㎝にしました。

    カウンター部分の仕様

    キッチンの金額公開!!

    我が家のキッチンにかかった金額・・・
    ラクシーナ  1,482,100円
    カップボード  308,400円

    ・・・!!!こうみると結構な金額です💦💦
    他の家と比べても何にもなりませんが、キッチンに1000万円以上のお金をかけるひともいるんだとか。
    そういう意味ではリーズナブル!!

    おわりに

    これで、キッチンの計画はおしまいです!
    実際に家が建ったら、写真を添えて報告します😄

    パナソニックホームズをご検討中の方は必見!下記をクリック!

    ブログランキングに参加中!クリックしていただけると励みになります!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる